Life of Fantasista
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PROFILE
流印
  • 流印
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
中田英、ボルトンにレンタル移籍
中田がボルトンへ一年間のレンタル移籍することが確実になりました。
フィオレンティーナの新監督のブランデッリ監督は、中田を右サイドで起用したり、
中田と対立したことがあったりして、スタメンは厳しいと思うので、
出場機会のあるチームへ移籍したほうが良いですね。

ボルトンは、調子を落としてるスター選手を安く獲得してチームを作ることが多いので、
今回もそんな感じですね。

よく覚えてないですが、今のボルトンは4-3-3を採用していたと思うので、
3トップのすぐ近くの2センターハーフの位置でプレーにすることになりそうですね。
フィオでは怪我の影響もあってなかなか活躍できませんでしたが、
環境が変わることで、また中田が日本を熱狂させることができるかもしれません。
スポンサーサイト
【2005/08/11 21:51】 サッカー | TRACKBACK(2) | COMMENT(1)
このページの先頭へ
ジュビロ磐田 vs バイエルン・ミュンヘン
ジュビロ 1 - 3 バイエルン
いや~バイエルン強いな~。というのが一番の感想。
一週間後にブンデスリーガ開幕なので、コンディションも整えてあるし、
いつでも本気になれる状態のバイエルン。
レアルに惜しい試合をして、次は勝ちたいジュビロ。
両チームの本気モードがビシビシと伝わってきました。
イエローが多かったことがその証拠です。

立ち上がりはジュビロペースでした。
前田カレンの若いFW2トップはやはりおもしろい。
先制点も二人の関係から作り出し、その後も決定機をよく作っていました
あの時間帯に追加点を取れなかったことが痛かったですね。

流れが変わったのが、判定が微妙らしいPKから。
同点に追いつくと、流れはバイエルンに。
中盤をプレスでつぶし、そこからサイドに展開していく。
精度の高いクロスで決定機を次々と作り出し、あっという間に逆転。
ジュビロの集中が切れたところで、得意のコーナーから追加点。
これが「勝負強さ」ですね。


<バイエルン>
バイエルンで特に目立っていたのが、
・中盤でのプレス
・クロスの精度と量
・高さと強さのあるディフェンス

リーガエスパニョーラや、セリエAのように華麗でファンタスティックな
わけではないけど、力強くダイナミックさがあるブンデスリーガ。
その象徴的なチームがバイエルンミュンヘンだと、今日は感じました。


<ジュビロ>
ジュビロは、代表で5人抜けましたが、若さパワーで良い試合をしていました。
特にDF3人。みな若いですが、前半は完璧にバイエルンの攻撃陣を抑えていました。
オフサイドトラップが決まりまくりでした。
残念なことに、PKからリズムを崩されてしまいましたが。


今日はインターネット放送でしたが、なかなか内容のある試合でした。
スーパープレーは見れなかったですが、ジュビロの選手達は
今日の試合をしたことで、成長できるきっかけが掴めたと思います。
【2005/07/30 21:21】 サッカー | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
GyaOでマンUとバイエルン放送!
「せっかくビッグクラブが来日するのに、テレビ放送全然ないぁ・・・。」
「そういやこの前ユーベが来日したとき、インターネット放送やってた
からそれ見た気がする」
ってことを思い出し、なんとかそこにたどり着きました。

Gyao
なんと、浦和 vs マンU磐田 vs バイエルン も放送予定!

特集ページに進んだら、こう一言書いてあった。
”赤い悪魔”と”ドイツ王者”どっち見る!?
って同じ時間かよ!

うあ~どっち見るかほんとに迷う。
マンU大好きだけど、ジュビロも応援したいし・・・。



うわぁぁぁぁぁ!
今日TBSで深夜に放送ないっけ?と思ってTBSのHP見てたら
見つけてしまった・・・。
「横浜 vs バルセロナ インターネットライブ中継実施!」

これ以上悩ませるなぁぁぁ!

【2005/07/30 12:51】 サッカー | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
鹿島アントラーズ vs マンチェスター・ユナイテッド
クリスティアーノ・ロナウド超凄い。キレキレ。
ドリブル突破の成功率が高いですね~。
解説者も言ってましたが、あとはクロスの精度だけです。
ギグスへアシストしたグラウンダーのクロスは素晴らしかったですが。

そのギグスですが、ゴール以外はあまり目立ちませんでしたね。
右と左にサイドのスペシャリストがいるマンUは、サイド攻撃ではトップレベルです。

途中からC.ロナウド左で右ルーニー、下がり目ギグスになりましたが、
それだと、C.ロナウドは右利きなのでゴールは狙えますが、
サイドからのクロスは精度が悪くなってしまいます。
なので、私的には左にギグス、右にC.ロナウド、トップにニステルローイで、
ワイドでダイナミックな攻撃を!
が、いいと思うのですが、それだとルーニーが余ってしまう。
4人を同時に使うのは大変だと思いますが、マンUのスタイルを崩さないでほしいです。

まぁ、鹿島は・・・・・チェルシーって感じ?
守ってカウンター、みたいな。
本山がキレキレでした。
角度がない所から、ダイレクトボレー2連発でしたね。
鹿島の原動力は小笠原と本山ですかね~。


ファンニステルローイ・・・。親善試合で報復とかやっちゃったよ。
審判みてないとこで後ろからひざかっくん。
紳士的なプレーヤーだと思ってたので、ちょっとガックシ。
【2005/07/29 11:28】 サッカー | TRACKBACK(1) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
ジュビロ磐田 vs レアルマドリード
ジュビロ 1 - 3 レアル

なんとか機嫌よく帰ってもらえそうです。
それにしても、コンディションによってこんなにも違ってしまうものなのだろうか。

とにかくレアルの選手は動きが鈍い。
プレスを全然かけてこないので、ジュビロがおもしろいように中盤でパスを回してました。

[レアル]
レアルは放り込みが多かったですね。
ロングボールが多くなる理由は、受け手の動きがなく、パスの出しどころがないため、
しょうがなくポーンと。

まあ、良いところもありました。
ひとつは緩急のつけ方
ここは急がなくていいと思ったときは、ゆっくりとパスを回す。
急ぐ場面は、一気に加速して、そこに早いパス。
これで何度か裏を取ってた。勉強になりました。

スペース見つけて、そこに走り、絶妙のスルーパス。
出し手と受け手のレベルが高いとおもしろいです。

あと、ロナウド必死すぎ(笑)。
お前はどんだけ点入れたいんだ。
ハンドで笛なってても平気でシュート→ゴール!
オフサイで笛なってても平気でシュート→ゴール!
決定力高いのは分かったから大人しくしてください。

[ジュビロ]
一番良かったのは前田。ほんと急に成長したなぁ。
特に、パスの受け方
もらいながら体を反転させて、一発で前を向いてダーっとドリブル。
これで決定機を何度か作ってました。成岡の得点もコレ。

カレン。決定力を上げればトップクラスのFWになれるよ!
若いFW2トップはやっぱいいですね~。

いつもと違い超攻撃的な福西、守備では服部が効いてたし、この前の名古屋戦とは
比べ物にならないくらい、ジュビロは良かったですね。まぁ、負けましたが。


今日の鹿島 vs マンUは、録画して明日見まっす。
【2005/07/28 14:24】 サッカー | TRACKBACK(3) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
サッカー日本代表を応援しう!

RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。